自分なりのけじめ

次にブログ書く時は明るい内容にしたいと思っていたけど、自分なりのけじめとして重い話にはなってしまうけれどブログにすることにしました。

長くなると思いますが最後まで読んでくださると嬉しいです。

 

 

 

 

 

私がしょおこじ担になったのは去年ジャニフワが終わった頃。ジャニフワが決まる頃はなにきんが好きだったけれど今ほどではなくて、でもすごく嬉しくて。別垢の仲の良いフォロワーさんに深夜ながら歓喜のLINEを送ったのを今でも覚えています。

 

当時Prince担になりたてで、ジャニフワも一番の目当てはPrinceでした。

博多座公演が始まるまで康二くんや関ジュがいるなんて知らなかったから。

 

初めて自分のお金で入って、初めての遠征で、初めてのPrinceの現場で、初めて最前列で観れて。初めて尽くしの現場が、ジャニフワでした。

 

博多座公演初日のレポで

「向井くんの出番がめちゃくちゃ多い。西の座長って感じ」

という言葉を見たあの時は忘れもしません。

 

 

関西はなにきん以外ほぼ無知で入ったけど、龍太くんがアクロバットできるって知ったり丈くんの作った漫才はとても面白かったしリチャ大橋くんもギャップがすごくて。たくさん関西の良さに気づけて。

目当てだったPrinceもすごくかっこよくて、この人たちを好きになれてよかった...!と心の底から思えるそんな公演でした。

 

でも一番の発見は、しょおこじが素晴らしかったこと。

1幕最初の紫耀のフライングで受け止めるのが康二くんだったり、オールダンスではシンメで踊るところがあったり、お笑いランドでははちゃめちゃに笑顔な二人がいて。2幕最後のFuture Islandでハイタッチしたり。

 

 

 

大阪公演が千秋楽を終えて気づいたらしょおこじと康二くんの担当になっていました。

 

 

短いようで長かった1年。しょおこじ担としては嬉しい時間よりも苦しい時間の方が遥かに長かった。

 

去年はまいジャニ in 東京もあった。夏はEXシアターと松竹座がアメフリで繋がった。秋はジャニフワでしょおこじオンパレード、雑誌でもまいジャニでもたくさん絡みがあった。

 

でも今年は...?

まいジャニでジャニアイ特集があった。東西であのセカムブをやって紫耀が見学に来た。Jr祭りではジャケット掛け合ったりおんぶしたりとにかく幸せな空間だった。

 

どうしても去年と今を比較してしまう自分がいました。

 

絡みがある度、泣くくらい喜んで、でも絡みなんて数えるくらいにしか...

そんな状況に耐えられなくなってずっとずっと迷ってきました。

 

ユメアイでも

廉ちゃんが「俺たち3人で頑張っていこう」とか

海ちゃんが「二人の存在に圧倒されてでも笑顔を絶やさず頑張ってきて、最近それがやっと報われるようになってきた」とか

舞台の演出上とは言え自分が責められているような気分でした

 

 

紫耀はもう関西Jrじゃない。これから先、Mr.KINGの一人としてジャニーズJrのトップで居続ける。

 

それでも自分はしょおこじが好きで、どうしようもなくて、

2人が共に歩む未来を願ったっていいじゃないか

 

そう思ってきたけれど、

Mr.KINGで頑張ろうという言葉がしょおこじを諦めろという言葉に聞こえてしまってすごくつらくなって。もうこんな苦しい思いをしたくない楽しくおたくをしたいそういう思いが強くなりしょおこじ担と名乗ることを止めようと決めました。

 

正直、これから先もずっと好きでいるだろうし、しょおこじが揃う現場には絶対入ると思う。

でもしょおこじに執着しないおたくになろう、たまに発信されるしょおこじにたくさん泣いてたくさん笑ってたくさん喜ぼう。そう思えるようになりたい。

 

今まで通りKin Kanもなにきんもしょおこじも心の中の大事な場所に鍵をかけて大切にしまっておこうと思います。

 

これが私なりに出した決断です。ずっと迷ってきたけどようやく、ようやく言えた。

 

これからも今まで通りこんな私と仲良くしてくれたらうれしいです!

長々と失礼しました!