自担がデビューすることになりました。

 

自担がデビューすることになった。

 

たくさんの感情が渦巻いていて今の気持ちを残しておこうと思いはてブロに思いをぶちまけることにした。

 支離滅裂で文章が文章として成り立ってないかもしれないけれどこれが今の私の気持ち。

 

先に言っておきます。ここに書いたことは全て個人的意見なので苦情など一切受け付けません

 

 

 

 

 

このデビューに関して 

私はまだ「おめでとう」と言えていない。Twitterでもつぶやくことすらできていない。

 

 

 

何が不満なのか。

 

 

それはきっと3という数字にこだわっていたからなのかもしれない。

デビューするのならPrince3人でしてほしかったというのが本音。

 

 

岸くんのファンになってからしばらくは3人でやるのは少し厳しいかも、デビューになるのならキンプリが安パイかな~となんとなく思っていた。

 

 

でも去年の夏の単独公演で「3人でもやっていける」って気迫が見えたと感じたから。それ以前のコンサートに入ってないから毎回そんな空気だったのかもしれないけれど、でも、あの少年隊メドレーを観た時に確信した。

 

 

――私はこの3人について行きたい

 

 

ダンスも歌もまだまだかもしれないけど、一生懸命で謙虚でまっすぐな3人についていきたいって、そう思った。PrinceとPrincessだけの空間がたまらなく幸せで、またこんなコンサートに来たいと心から思った。

 

 

 

 ”Princess"と言われることがとてつもなく好きだった。

 

Princeはみんな「Princessは優しい」「皆良い人」ってたくさん言ってくれるし

 

他担からPrinceは平和だねとかPrince応援してるよとか言われることも多くて

 

Princessであることへの誇りが強すぎて

Princessでなくなることが怖くて

 

これから「Princess大好きだよ♡」って岩橋くんが言ってくれなくなるんだと思うだけで悲しくてしょうがない

 

今まではそれが当たり前だったのに。

 

 

 

キンプリでのMCが苦手だというのもある。

 

そこではたいてい岸くんが標的にされる。

 

メンバーたちに悪気がないこと頭ではわかっていても、イジリが過度に思えてつらくなる。

 

とりあえず岸くんでMCのネタいけるっしょ、みたいな魂胆が見えてしまう。

 

岸くんは優しいから笑って許してくれるし「俺は大丈夫」って言ってくれるけど

 

 

 

私はそのイジリが大嫌いだ。

 

 

誰も傷つくことがないPrinceだけのMCが大好きだ。

 

 

 

岸くんと岩橋くんが些細なことで喧嘩しそうになるけどそこで神宮寺くんがすっとフォローしてくれる、あの3人の雰囲気が大好きなのに。

 

きしいわで痴話喧嘩して神宮寺くんが宥めたり、

じぐいわがいちゃいちゃしてハイハイってわざと岸くんがいじけたり、

Wゆうたに嫉妬するいわちだったり、

 

もっともっとPrinceのMCを見せてよ...

せっかくトークのスキルも上がってきた頃だったのに...

 

 

 

 

最近、KINGとの括りが多くなった。雑誌でもテレビでも。

 

 

なんで?Princeだけじゃだめなの?なんで?やっぱりKINGの引き立て役?

年末に単独コンサートだって成功させたし、冠番組だって持ってる、自分たちのオリ曲もたくさん作ってもらえてる。

 

 

何が足りないのか分からない。

 

キンプリじゃなくて、Princeに会いたい気持ちが強くなっていた時にこのデビュー発表。

 

 

心から「おめでとう」が言えない。

 

自担がデビューするなんて、Princeがデビューするなんて、喜ばしいことなのに。

 

 

結局はKINGのお飾りか、なんて思ってしまう。

 

 

TwitterのTLに流れてきたツイートがしばらく理解できなかった。

 

素直に「嬉しい」とか「おめでとう」「応援する」なんて言える人が羨ましい。

 

 

 

 

 

そして私が心から祝福できない理由の最大の要因は向井康二くんの担当でもあること、そしてしょおこじが大好きで大好きでたまらないということ。

 

 

 

 

 

単なるオタクのエゴでしかないけど、康二くんの隣には紫耀がいてほしくて。

東京と関西で離れていてもいつか一緒になれる日がくるんじゃないか、言い続けたら絶対叶うって信じてた。その日が来るまでずっと好きでいたいと思っていた。

 

 

でもそれは叶わない。

 

 

どうしたって、無理だ。

 

 

長年隣で頑張ってきた柊真くんを送り出して、その後紫耀も廉ちゃんも東京で頑張ってこいと送りだして。少しくらいグレたりやさぐれたっていいのに弱音も吐かず、関西のトップとして引っ張っていてくれて。自分も犠牲にして大好きな仲間のために頑張ってきた、そんな康二くんが「デビューおめでとう」ってかつて一緒にいた仲間に言わなくちゃいけないの?

 

 

 

そんなのひどすぎる。

 

 

ひどすぎるよ...。

 

 

 

そりゃ、あの可愛い可愛い紫耀や廉ちゃんがデビューするんだから「おめでとう」くらい言うんだろうけど、私はそれが耐えられそうにない。

 

 

家族みたいに一緒にいて、かつて共に活動していた仲間を何回送り出させれば気が済むの?

 

 

康二くんの苦手な春にどうして...?どうして...

 

 夢であってほしいのに朝が来てテレビつけても新聞見てもそれが現実なんだと思い知らされた。

 

 

ずっと一緒にいてほしいって、

ずっと僕の面倒を見てほしいって、

みんなでデビューしようって、言ったのに

 

 

そんなのずるいよ

 

 

自分だけ東京に出て、康二くんのことや関ジュのことすらあまり話さなくなって、

 

 

上京してすぐの少年たち以来松竹座にも来なくなったくせに

 

 

関西で過ごした時間は忘れてしまったの?

 

 

根底は関西Jrだって言ってたじゃん

 

 

それは口だけだったのかな

 

 

 

 

Kin Kanに入れたことが運命だって言ってた彼も

 

じーこととーま大好き!って言ってた彼も

 

ゴリラ!って言われて違うし!って反論する彼も

 

エイプリルフールをエリンギプールと間違えてた彼も

 

恥ずかしがりながらセンキューする彼も

 

なにきんの写真を入れた特製パッケージのキットカットを雑に扱われて泣いてしまった彼も

 

ピュアでまっすぐで泣き虫でかまちょであまえたな彼も

 

康二くんに褒められてすぐ照れちゃう彼も

 

 

きっともういない

 

 

「キンプリ6人でデビューさせてください」

そう直談判した彼にもう昔の面影を一切感じられなくなった

 

 

 

この新聞記事を読んだ時ますます目の前が真っ暗になった

 

 

5人じゃだめだったの?

今は一人別の世界に旅立ってしまったけれど

せめてあの5人で夢を掴んでほしかった

 「ただいま」っていうたった一言が欲しかった

「おかえり」って笑顔で迎える姿が見たかった

 

 

私がなにきんを好きになったのは柊真くんも紫耀も廉ちゃんも関西Jrから完全にいなくなってしまった後だったから

なにきんっていうのをリアルタイムで感じることができなかった分

5人で夢を掴んでほしいという思いが強かった

 

いや、そこまでじゃなくていい。

 

せめて1回だけでも今の彼らが集まったらどんなパフォーマンスをするのか見たかった

 

 

その願いすらもう届かない 

 

 

大吾だって流星だって康二くんだって

東京で頑張る二人に対して

とてもとてもとても優しかったのに

 

 こんな仕打ちあんまりだ...

 

 

こんなかたちになってしまうのが悔しいし悲しいし

残されたメンバーのことを思うと

言葉が出ない

 

 

 

なにわ皇子Kin Kanがただ大好きで忘れられなくて

思い出にしなきゃいけないのにできなくて

 

それが今つらい感情を生み出している原因だ 

 

 

 

キンプリにあってなにきんにないものは何だったのか

今でも分からないし見つけたくもない

 

 

 

 

しょおこじが二人でいるときの雰囲気が大好きだった。

歳だって歴だって出身だって違うのに、二人が一緒にいるとやわらかく優しく微笑む光景が大好きで。

やめてや~なんていうけど満更でもない紫耀にセクハラまがいのスキンシップをとる康二くんが大好きで。

 

 

 

生で二人を見られたのはジャニフワとJr祭りだけだったけどそれでも二人が作り出す独自の世界が大好きでこれからも続けばいいとそう思ってた。

 

 

東京と関西で離れていても、運命の二人なら絶対に絶対に一緒になれるって本気で思ってた。

言霊を信じたかった。

 

 

 

けれど、現実はそう甘くはなかった。

 

 

仲良しこよしじゃグループなんて成り立たない。

仲が良いだけじゃなくてその中で注意できたりお互いに信頼関係を築いて

刺激を受けてそうしながら切磋琢磨していかなきゃいけない。

 

 

なにわしょおこじも、Princeの3人も、

それができるグループだって思ってたから。

 

だから悔しくて悲しくて苦しくてたまらない。

 

 

 

 キンプリっていう形が嫌いだ。

Prince担としてもなにきん担としても受け入れられない。

 

 

 

 

Kin KanもPrinceも

私が好きなグループはみんな3人だったから

トライアングルになるあの関係が大好きなのに

もう6人になってしまったなら

見れない。

 

 

関係性が変わってしまう

 

 

自分の好きだったものが

大事にしたいと思っていたものが

すべて否定されたような

 

お前の気持ちは重荷なんだと

真正面から言われたような

 

 

そんな感じがした

 

 

さようなら

だと思う。

 

 

岸くんのファンになって、康二くんのファンになって

楽しいこと嬉しいこと

悲しいこと苦しいこと

 

 

一緒に経験して共に歩んでいきたいと思ってたのに

 

 

今はそんな彼らに会いたくない。

 

...会えない。

 

 自担が、自分の思う最低な形でデビューしてしまうことがとにかく嫌で

 

応援できないって口々に言われるグループに大好きな岸くんがいることがとにかくつらくて

 

6人を見たら自分の醜い思いまで吐き出してしまいそうだから

 

 

 

ここで一旦彼らから離れてみて

少しの間ジャニオタじゃない人になって

密かに応援していけるような人になろうと思う。

 

 

 

担降りする勇気が出ないから、休憩というかそんな感じ。

 

 

大嫌いになる前に。

 

 

 

私の大好きだったなにきんも

Princeも

 

 

 

 

 

全部ぜんぶ

さようなら

 

 

 

 ジャニフワで見たしょおこじシンメのオールダンス

Jr祭りで見た絆劇場とおんぶ

EX単独で感じたあの多幸感

写真集を見て感じたPrinceの絆と関係性のすばらしさ

 

ずっとずっと忘れないから。

みんなが忘れたって、私だけは覚えてるから。

 

今更気づいたところでもう遅いけれど

 

本当に

Princeのことが

Kin Kanのことが

なにきんのことが

 

大好きでたまらなかった

 

生で見たことなくたって解体されたって、こんなに好きになれたのはこれがきっと最初で最後だよ

 

今まで幸せな空間を与えてくれて本当に本当にありがとう

 

大好きだったよ

 

だからいつの日か素直におめでとうって言えるようになるまで

 

さよなら。