担当と推しに是非とも詠んでほしい百人一首 第1弾

初めての方もそうじゃない方もこんにちは!

筆者はPrinceの岸優太くんと関西ジャニーズJrの向井康二くんの掛け持ちをしていますまりも。と言います。筆者は唐突にこう思いました...

 

自担に百人一首詠んでほしい...

(いや突然すぎる)

 

ジャニーズの先輩のあんな曲歌ってほしい!とかよく聞くけれど、大昔の歌を詠んでほしいなんて言ったやつきっといないでしょう!!

 

ということで自担である岸くん・康二くんと、Princeのメンバー、そして西畑くん・大西くん・永瀬くん・平野くんに超個人的に詠んでほしい一首を紹介していきたいと思います!

(ここで筆者の厨がバレてしまうことは気にしません)

 

 

最初に言っておきます、長いです。

それでも読んでやるって方、いってみよー!!

 

 

さて、みなさん百人一首ってご存知ですか?

名前くらい聞いたことあるよ~って方もたくさんいると思いますが、詳しく知らない興味ないって方も同じくらいいるのではないでしょうか...

 

もったいない!!!

 

そもそも百人一首とはなんぞやという話になりますが、百人一首とは100人の歌人の秀歌を一首ずつ撰んでまとめたもの。広く一般的に言われる「百人一首」は「小倉百人一首」を指します。

この「小倉~」は藤原定家(ふじわらの・ていか)が鎌倉時代の初め、京都・小倉山にある山荘で撰んだものです。だから定家の好みが結構はっきり出ます。(こういうところもおもしろい)

100首のうち、恋の歌が43首、秋の歌が16首(春6・夏4・冬6)と多いのはまさに定家の好みが反映された結果だといえます。

百人一首」は1番の天智天皇大和時代)から100番の順徳院(鎌倉時代)までおおむね時代順に配列されているので、それらの歌人の生涯・詠まれた背景を知ればよりいっそう和歌を楽しめるはず。

 

 

前置きはこれくらいにして、さあいってみよう!

 

 

岸優太くん

 君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな

 

 

意訳しますと、

「あなたに逢うためなら死んでもかまわないと思っていたけれど、その想いが叶った今となっては少しでも長くあなたと生きたいと思う」

 

 

この和歌の作者・藤原義孝(ふじわらの・よしたか)は超がつくエリート政治家の家に生まれ、イケメンで和歌も得意。

 

当時和歌が上手い男性=女性からモテモテだったので義孝も相当だったみたいですが、彼はあまり関心がなく仏道に熱中していたそう。爆モテイケメンが出家してお坊さんになりたいと言ってたんですよ?そのお寺絶対女性で溢れてたと思う。

 

イケメンでモテモテでそんな完璧な人生を送っていた彼も美男薄命...21歳という若さでこの世を去ってしまいます。当時流行していた天然痘という病気にかかってしまいます。儚い。まるで近キョリ恋愛の鮎川奏多みたいじゃないですか...

 

この歌は長い間想い続けてきた女性と初めて一夜を共にした日の翌朝、女性に向けて詠んだ歌。

一途でまっすぐで、でもどこか儚さを感じる岸くんに思わず義孝の歌を重ね合わせてみてしまうんです。亡くなる役やどこか報われない役をやらせたら右に出るものはいない(個人的意見)岸くんに是非とも詠んで頂きたい。BGMはHeart Loversで決まりだな。

 

 

向井康二くん

 田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士のたかねに 雪は降りつつ

 

これは富士山頂に雪が降っている光景を詠んだ歌。

実はこの歌、「万葉集」という最古の和歌集に掲載されているオリジナル版にアレンジを加えたもの。オリジナルは、視界が開けたところに富士の白い雪が見えたという意味の歌でいかにも素朴でおおらかな歌が多かった万葉調らしい雄大さがあるのに対して、アレンジVer.は全体的に洗練されていて最後の「つつ」にこの歌が詠まれた時代に好まれた”優雅的な感動”を表しています。

 

康二くんでいうSupernova。大先輩で憧れているV6さんもそのファンもすごく大事にしている原曲へのリスペクトを忘れず自分なりにアレンジしたSupernovaと似ているな、と思い選びました。

 

この歌の作者である山辺赤人(やまべの・あかひと)は三十六歌仙の一人というそれはそれはすばらしい歌人で自然の美しさを詠む叙景歌を得意としていました。しかし史書に名前が記されていなかったので官位は低かったと考えられています。

 

康二くんも歌やダンスに長けているし、趣味がカメラということもあって自然の風景を撮るのも上手いし、赤人と通ずるものもあるのかな...と個人的に感じています。

 

 

さあ続きまして!

岩橋玄樹くん

 みかの原 わきて流るる 泉川 いつ見きとてか 恋しかるべき

 

 

この歌は中納言兼輔こと藤原兼輔(ふじわらの・かねすけ)の歌。この人、かの有名な紫式部のひいおじいちゃん。

出世もしたし、三十六歌仙の一人で歌人としても活躍していたみたいだけれど、実はこの歌は本人の作ではないと言われているのです。そもそもこの歌が入っていた「新古今和歌集」では「詠み人知らず」(作者不明もしくは匿名という意味)だったのに定家が間違えてしまったみたい...偉人のおっちょこちょいエピソードってなんだか微笑ましい。

 

”まだ見ぬ人”への初々しい恋心を歌ったこの歌。当時、女性は人前にめったに姿を現さないので、垣間見(のぞき見)したり噂を聞いたりして情報を集めていた。だからまだ逢ったこともない女性に対して想像を膨らませ、恋文や歌を歌って求愛するのは普通のことでした。

 

見たこともない人にドキドキするいわちを見てみたいという筆者の単純な脳で選びました...神宮寺くんや岸くんに変な噂垂れ流されて「ねえちょっと話と違うんだけど!!(ぷんぷん)」ないわち可愛くないですか...果たしてこれは詠んでほしいと言うのだろうか...

 

いわちには清少納言の「夜をこめて~」(62番)の歌もいいかなと思ったのですが、興味のある方はぜひ調べてみてください!性格どぎついずばぬけた教養を持った女性の才能ゴリゴリの歌です。(語彙力)

 

 

神宮寺勇太くん

明けぬれば くるるものとは 知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな

 

この歌の作者・藤原道信朝臣(ふじわらの・みちのぶあそん)は見た目も性格も申し分なく、雅な人物として知られていて、また時の権力者の家の養子になったこともあって順調に出世するのですが、若気の至りというか天皇の女御に恋をしたことがあるという結構デンジャラスな方です。笑

 

この歌はややこしい技法がが入っているわけでもなく本当にシンプル。「夜が明ければやがてあなたとまた逢える日が来るとは分かっているけれど」というのは、当時はどんなに恋人たちが素敵な夜を過ごそうとも夜明けとともに男性は自分の家に帰っていくのがルールだったから。もちろん次の夜には逢えると分かっていながらも一度は帰らなければならない朝がやってくるのが恨めしい、まだ若かった道信のどストレートな感情が表現されています。

 

神宮寺くんってものすごい情熱を秘めている人だと思うんです。最年少ってこともあって普段は隠しているけど実は誰よりも熱い人間なんじゃないかな、って。きっと恋をするとその人ばかりのこと考えちゃって周りが見えなくなるタイプなのかな、って。独占欲強いみたいなのもいい。ただ道信も天然痘にかかって早世しちゃいます。

Wゆうたを薄命にしちゃってごめんよ...()

 

 

西畑くん・大西くん・永瀬くん・平野くんに関してはまた次の記事で!!

次回も同じくらい長くなると思います!!!!