いつか素直に「大好き」と伝えたくて

8月4日。

 

今日はKin Kan結成5周年というおめでたい日。

なのに私はなぜこんなにも気分が上がらないのだろうか...

 

第一に、もう一人の自担である岸優太くんが所属するユニット・Prince単独のサマステ(通称キントレ)があまりにも素晴らしくて、なかなかロスから抜け出せないせいか。

(ちょうど本日放送の少クラでキンキメドレーを披露していたのでここ1週間ほど引きずる予定である)

 

それだけではない気がする。

日に日に熱量が下がっていっている気がする。

 

Kin Kanが大好きで忘れられなくて、思い出にしたくなくて。

「一緒にデビューしよう!」力強く誓い合ったあの日を過去のものとしたくなくて。

 

でも、一般的には東京Jr・Mr.KING平野紫耀であり、関西ジャニーズJr.の向井康二であり、美容室ALBUMで働く美容師・金内柊真である。

どこからどう見たって、交わることのない3人。

 

わかってる。

わかってる。

嫌ってくらい思い知らされてる。

 

でも、去年はシンメで踊ってたじゃん...

あまり多くを語らなくなった康二くんが「紫耀は相変わらずかわいくて何も変わってなくて」「2人並んで踊る場面はすごく楽しい」って言ってたじゃん...

 

そう思えてならない。

 

こんなにつらい思いをするくらいなら好きになりたくなかった

嫌いになれればよかったのに。

 

あとどれくらい経てばKin Kanやしょおこじに執着しないで済むのか、分からない。

今月中に担降りするかもしれないし、ずっと応援(という名の執着)していくかもしれない。

 

とにかく今は、3人が出会えたことに感謝しようと思う。

 

いつか素直に「大好きです」と伝えたい。