いつか素直に「大好き」と伝えたくて

8月4日。

 

今日はKin Kan結成5周年というおめでたい日。

なのに私はなぜこんなにも気分が上がらないのだろうか...

 

第一に、もう一人の自担である岸優太くんが所属するユニット・Prince単独のサマステ(通称キントレ)があまりにも素晴らしくて、なかなかロスから抜け出せないせいか。

(ちょうど本日放送の少クラでキンキメドレーを披露していたのでここ1週間ほど引きずる予定である)

 

それだけではない気がする。

日に日に熱量が下がっていっている気がする。

 

Kin Kanが大好きで忘れられなくて、思い出にしたくなくて。

「一緒にデビューしよう!」力強く誓い合ったあの日を過去のものとしたくなくて。

 

でも、一般的には東京Jr・Mr.KING平野紫耀であり、関西ジャニーズJr.の向井康二であり、美容室ALBUMで働く美容師・金内柊真である。

どこからどう見たって、交わることのない3人。

 

わかってる。

わかってる。

嫌ってくらい思い知らされてる。

 

でも、去年はシンメで踊ってたじゃん...

あまり多くを語らなくなった康二くんが「紫耀は相変わらずかわいくて何も変わってなくて」「2人並んで踊る場面はすごく楽しい」って言ってたじゃん...

 

そう思えてならない。

 

こんなにつらい思いをするくらいなら好きになりたくなかった

嫌いになれればよかったのに。

 

あとどれくらい経てばKin Kanやしょおこじに執着しないで済むのか、分からない。

今月中に担降りするかもしれないし、ずっと応援(という名の執着)していくかもしれない。

 

とにかく今は、3人が出会えたことに感謝しようと思う。

 

いつか素直に「大好きです」と伝えたい。

素直に今の気持ちを綴ってみる。

どうしてこんなにもKin Kanが忘れられないのか、ふと考えてみることがある。

 

紫耀にはMr.KINGという場所があって、康二くんには関西ジャニーズJrという場所があって、柊真には美容師という場所があって。

 

バラバラになった3人を今でもこうして「大好き」だとか「忘れられない」とか言ってもいいのだろうか。

 

もう一生叶うのことないある種「夢」のようなことをいつまでもいつまでも追い続けていていいのだろうか。

 

 

 

 

そんなこと良いわけないと思った。

 

 

 

だって、そのようなことを言うこと自体、彼らの現在を否定することになるのでないかと思い始めたから。

 

実際、上記のようなTwitterユーザーのつぶやきを何万回とも見てきて、正直Kin Kanの3人を好きでいることがつらくなってきていた。

 

 

 

彼らは彼らの道を、それぞれ違う形で歩んでいる。私はそれを応援しなければならない。そう感じ始めた。

 

 

 

 

 

 

 

でもできなかった。

なぜか?つい先日更新された関西ジャニーズJrによる「かんじゅ日誌」を読んだからである。事務所内イチとも言われる”ジャニオタ”古謝那伊留くんのターンだった。

 

 

 

 

愛する人を想うその素直な気持ちは絶対に伝わります。

誰に何て言われても折れずにその愛をずっと持ち続けてください。

いつかそれは認められて必ず素敵な愛の花を咲かすと思います。

 

 

 

 

涙が止まらなかった。

きっと彼は自分たちのファンに向けてのメッセージだっただろうけれど、私にはそう思えなかった。

 

 

ああ、私も好きでいていいんだ。

Kin Kanをそのまま戻すことはできないけれど、康二くんと紫耀がずっと隣にいる未来を願ってもいいんだ。

誰に何て言われたってこの気持ち押し込まなくていいんだ。

 

 

全くの自惚れだけれど古謝くんに自分を励ましてもらっているような、そんな気がしてならなかった。

 

だから私は宣言する。

 

関西ジャニーズJr内のユニット・Kin Kanが世界で一番大好きだ。

 

柊真はもうJrではないけれど、彼が残していった意思を引き継げるのは康二くんと紫耀、ひいてはなにわ皇子の3人だと確信している。

だからこそ、だからこそ。康二くんと紫耀はずっと、ずっとずっとずっと一緒にいて隣で笑いあっていてほしい。

お互い甘えん坊だけど、かまってちゃんだけど、小さなことですぐ泣いてたけど、

ダンスも上手くて、歌も上手くて、かっこよくて、

そんな二人にずっとそばにいてほしいのだ。

 

 

 

そう思うくらい自由だよね?

 

 

終わり

 

 

 

(しょおこじも大好きじゃないか!という苦情は受け付けません。笑)